FC2ブログ

六感で食す


六感とは?
縺ィ縺阪o縺吶l+007_convert_20100729093230[1]

有名店で生そばを購入し、我が家で茹でて食べる。
しかし、お店で食べたそばと明らかに異なるそばになります。
何故、お店で食べたそばのほうが美味いのでしょうか。
それは、茹で方や、そばを打ってからの時間の経過に原因があるのはもちろんことですが、
お店で食べたそばとの違いで解決できない理由があります。
それは、「六感で食す。」ことからくる違いだと考えます。
「六感」とは、人間の五感「視覚」「聴覚」「嗅覚」「味覚」「触覚」に、心の安らぎを加えた、心地よさに例えられています。自然との調和、日常のわずらわしさから解放される「風土」を感じさせる空間、場所が重要だと考えます。
また、老舗のたたずまいは気持ちをリフレッシュさせてくれます。五感で味わう他にこの要素があると、印象に残りまた訪れたいという気にさせてくれるものです。新しいお店でも、いかにお客様を和ませるお店にするかに配慮すれば、「六感」が働きます。接客の仕方も重要な要素でしょう。
幸い、出雲地方のそば店は、六感で食すことができるお店がたくさん在ります。こころの安らぎを求め、田舎のそば店へ向かい、そばを食べる。出雲そばはそんな気持ちにさせてくれます。それは贅沢な志向であるのかも知れません。

【近年開店した趣のあるそば屋】
三瓶山近くのそば屋
2195.jpg
2196.jpg

宍道湖西岸から斐川平野が一望できるそば屋

2199.jpg
2198.jpg





コメントの投稿

非公開コメント

リンク
QRコード
QR