FC2ブログ

晦日そば

月末、出雲のそば店へ行こう
pc_1253800136.jpg
出雲そば商組合では、毎月月末3日間を縁起の良い晦日そばの日として、期間中に食事をされた方にもれなく割引券を進呈する企画が始まります。
晦日(みそか又はつごもり)というのは毎月の月末のことです。大晦日(12月31日)に食べる年越しそばは晦日そばの代表といえます。昔は毎月、縁起をかついで晦日そばを食べる風習があったようです。
そば好きにとってはとてもありがたい企画です。 月末には、平穏無事にその月が終わることに感謝しながら、「晦日そば」を食べましょう!
参加されているお店を紹介します。
協力店には「晦日そば」ののぼりが立っています。
  ・そば処 あごう
  ・そば処 神門
  ・さの屋
 ・そば縁
  ・献上そば羽根屋(本店・大津店・伝承館店)
  ・風月庵
  ・やびや
  ・そば処 田中屋
  ・平和そば本店
  ・八雲本店・東店
  ・鶴華波積屋

晦日そばの由来
金(きん)を伸ばすときに良くすべるようにそば粉をまいた。(金(かね)が伸びる)
金粉を集めるのにそば粉をまいて集めふるった。  (金(かね)が集まる)
ということから江戸時代中頃から商家を中心に始まったと伝えられています。
晦日そばを食べないと翌月の稼ぎが保証されないから必ず食べたそうです。
2161.jpg
割引券 (発行日より2ヶ月間有効)





コメントの投稿

非公開コメント

リンク
QRコード
QR