スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そばとコーヒー

共通点を考えてみました

2140.jpg
   鬼皮をとったソバ  
  (甘皮が緑色をしている)
コーヒー豆 007
                 コーヒー豆
               (焙煎前は緑色)

こだわればこだわる程、多くの人を魅了し続ける嗜好品として「コーヒー」があります。
私にとっては、「そば」と「コーヒー」どちらも無くてはならないものです。
意外とそば好きはコーヒーも好きという人が多いものです。
何故なら、製粉(焙煎)の過程、茹で方(抽出方法)、嗜好感覚に似通ったところがあるからです。
以下に共通点をまとめてみました。
1.採れたてはどちらも爽やかな薄緑色
2.香りを楽しむ。挽きたては香りが強い。
3.挽きかた(焙煎方法)により品質、味が大きく変わる。
  ブレンドすることにより好みの味、香りバランスをとることができる。
4.甘みが命
5.五感で味わう。
6.採れたてよりも少し寝かせた方が旨みは深くなる。
7.そばは茹で方、コーヒーも入れ方で大きく味が異なる。
8.健康に良い。
脳神経細胞を活性化させ、動脈硬化、脳卒中、肥満症等の生活習慣病予防になる。
消化器系のガン抑制にも効果があるといわれている。
9.毎日の生活にうるおいとゆとりをもたらす。
10.こだわりのウンチクを語る人(一般人からみれば変人扱いされる人)が多い。

良質なコーヒー、そばなら苦味やえぐみはなく健康のためにも毎日味わって欲しいものです。
そばと同様コーヒーにも素材が持つ自然な甘みがあります。
砂糖を入れないで甘みを感じるコーヒーが本物のコーヒーです。
そばを食べ、余韻を楽しんだ後にゆっくりとコーヒーも味わってみてください。

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。