スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷かけそば

冷かけそばとは?
1902.jpg

暑いときはいくら冷房の効いたお店でも、熱いかけそばや種物そばを食すことはためらいがちになります。特に汗かきの人は苦手でしょう。この季節、お店では、ざるそばや割子そばなどの冷たいそば系の注文が多くなります。
しかし、汗をかく時には体が水分を欲するからか、だしもたっぷり味わいたいと思うことがあります。出雲そば店ではあまりみかけませんが、不足しがちな水分、塩分を両方とも補える冷たいだしのたっぷり入った「冷かけそば」はお勧めです。
「冷かけそば」は、韓国冷麺や仙台の冷やしラーメンの「そば版」と言えるでしょう。
冷かけのつゆは、ざるそばのつゆより薄めで、蕎麦の味を邪魔しないぐらいが良いでしょう。飲める冷たいだし汁という感じです。薬味はなんでも合います。おろし、天ぷら、ねぎ、海苔、とろろ、変わったところでは梅、すだち、夏野菜等も意外と合います。しかし、薬味にあまり懲りすぎるとそばの風味が味わえません。
近年、「ぶっ掛け」といって丼に冷やしたそばを盛ってその上に薬味をのせ、食べるときにだしをかけるスタイルも人気です。「ぶっ掛け」のだしは「冷かけ」のだしより濃く、ざる用のだしの濃度程度が一般的です。「ぶっ掛けそば」は江戸時代のそば屋が荷運び人夫あいてに、立ったまま食べられるように丼に盛った冷たいそばにぶっかけたというのが始まりとされています。現在の立ち喰いそばの原点でしょうか。
実はそばの上に薬味をのせ、つゆをかけてたべる割子そばは「冷かけそば」「ぶっ掛けそば」の代表のひとつであるといえます。
「冷かけそば」といっても広義にはいろいろ含まれるものです。夏バテ防止に栄養のバランスの良い「冷かけそば」を食べて、残暑を乗り切りましょう。

冷かけそば
1899.jpg

冷かけそば  (薬味 おろし+わさびの茎)
1900.jpg
この薬味は、単独でたべると激痛が走るくらい刺激があるが、かけそばとの相性抜群。そばの甘みを引き出す。

辛みだいこんは、ぶっ掛けとしたほうが食べやすく、そばきり、だし、おろしお互いの旨みがみごとに調和する。

1901.jpg


コメントの投稿

非公開コメント

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。