スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だしいれ

鶴首の美しさ
1840.jpg

  出雲地方のそば屋では昔から鶴首のだしいれが用いられていました。今は製造していないようで、あまり見かけません。ほとんどのお店が左下のようなつゆ徳利の形状のだしいれを使っています。鶴首のだしいれは貴重な品となり、お店に飾ってあることが多くなりました。ほとんどが有田焼きの磁器で、注ぎ口が鶴の首みたいなことから名づけられています。割子そばに鶴首のだしいれでだしをかけると、うまく好みの量に注ぐことができます。
形はじっくり眺めると大変美しく、美術品としての価値があるものもあります。先がこげ易いのですが、出前にも用いられていました。どんなだし入れがあるのか、お店でそばを食べるときの楽しみの一つです。
いつまでも、大切に保存したいものです。

一般的なつゆ徳利
1847.jpg
鶴首のだしいれ各種
1841.jpg
1842.jpg
1843.jpg
2074.jpg
1845.jpg
1846.jpg


      

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。