A級グルメとそば

A級グルメとそば
P1040855 (500x375)

A級グルメのまちとして全国的に評判となった邑南町にそば店が開店したということで、早速訪れてみました。三瓶から取り寄せた玄ソバを邑南町で栽培し、自家製粉されています。
そばを手繰ってみれば、風味が強く、キレもあり上質なソバであることが解ります。お店ももてなしにも品があり、流石、三瓶のこだわりの店の御主人による指導の賜物だと感じました。
しかし、何かしらの違和感を抱きました。
それは、観光客、来訪者のための店構えに思えたからです。また、指導されたお店とほとんど同じ仕様であり、残念ながらこのお店からは、邑南町の地域性が感じとれませんでした。また、一人前の量が少なく、価格も高いので、住民の方たちは頻繁には行き辛いように思います。
そばの食文化は日本全国各地で昔からその地域性をもちながら進歩してきたものです。そして、その地域の人々が好むそばとして、風土に合ったソバの品種、そばの食べ方を培ってきた伝統があります。そばは庶民の御馳走だったのです。(江戸そばも屋台から広まりました。)A級グルメとして祭り上げる食材ではないのではと思われます。レストランは観光客相手で成功しているようですが、そばは庶民の食べ物であり、田舎なら、気軽にお腹一杯食べて満足してもらえるそば店が似合うのではないでしょうか。
出雲そばの本拠地である、奥出雲、松江、出雲方面にしても、地元住民が喜んで日常的に食べている素朴なそばこそが、観光客に好まれています。お店がプレハブで器も安物でも、お店の人との会話や、気取る事ない素朴な味がとても印象に残り、また訪れたいという気にさせられます。
地元住民に愛され、邑南町の風土を感じさせる「ここでしか味わえない食」としての「そば」となるには、これからまだかなりの年月がかかると思います。日本の伝統食である「そば」という食の本質はそこにある筈です。


(※平成22年度 邑南町農林商工等連携ビジョン抜粋)
邑南町で生産される良質な農林産物を素材とする「ここでしか味わえない食や体験」≒“A級グルメ”と称し、新たな地域ブランドの構築により関連産業の活性化を目指しています。

P1040853 (500x375)

P1040845 (500x375)
ざるそば+天ぷら ¥1300  ざるのみは¥800     天ぷらは具材があまりにも小さく何を食べたか記憶に残らなかった。
P1040851 (500x375)
鴨南蛮そば ¥980 +おにぎり¥250

リンク
QRコード
QR