そば湯

画像 017 (500x375)
そばを食べた後に、そば湯を飲む、これを是非とも習慣づけて欲しいです。そば湯を飲むことは栄養分が釜湯に溶けだしているため健康のためにも良く、だしを入れて味わえば、さらに満足感が得られます。また、そば湯を飲むことでお腹が膨れるので、腹持ちが良くなります。
『そば湯』とは、簡単に言えばそばの茹で汁のことです。うどんやラーメンでは茹で汁を飲むことはありえないでしょう。そばは、健康に良い「食」である証しではないでしょうか。寒い季節は、そば湯を飲めば心身ともに温かくなります。
美味しいそば屋さんは、そば湯も文字通り絶品です。 そば湯を飲むだけでも、そば屋の店主の腕、そばへの熱意が判断できます。心づかいのあるお店では開店時は釜湯がさらっとしているのでそば湯がとれないのですが、別にそば粉を溶いてそば湯を用意しておられます。釜湯の底はどろっとした濃いそば湯がとれますが、上面のほうはさらっとしていますが、さわやかな香りが楽しめますので好みで選べるお店もあります。
繁盛している時間帯はそば湯濃く、とろっとしていて、お客の入りが解ります。実は美味しいそば湯を出しているお店は、そばも美味しいのです。そば湯は、打ち粉(そばがくっつかないようにするための粉)の品質で大きく変わります。ソバの実の中心部分の白いサラサラした粉(御膳粉)が一番です。しかし、値段が高いため、馬鈴薯澱粉やコンスターチ入りの打ち粉を使っているお店もありますがそば湯が美味しくありません。

羽根屋会席 012 (500x375)
P1030310 (500x281)

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
QRコード
QR