スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出雲地方のそば屋状況

今年の大社周辺の賑わいは異常です。曜日関係なく、毎日大勢の観光客、参拝客で溢れています。参拝と「出雲そば」はセットでお考えのお客様が多く、大社近隣のそば屋は、開店とともに行列が出来ます。手打ちのそば店は、午後2~3時で品切れ閉店となり、観光客には不満が生じています。各そば屋は家族経営のお店がほとんどですから、少数のそば打ち職人しかいません。連日100人~200人前を限られた職人で打つのは、気力、体力ともに消耗してしまいます。また、翌日の仕込みで夜遅くまで作業が続きます。
品質を落として、または一人前の量を減らしてまで多くのお客様に提供することは商いの道に反しています。利益第一とすれば、結果は客離れにつながることでしょう。 大社から離れた出雲市内のそば屋もカーナビやインターネット情報等から、観光客で一杯です。私たちそば通がお昼にゆっくりそば屋で食べることが出来ない状況です。
そこで、県外から来られた観光客の方々にアドバイスしたいと思います。1時間以上そば屋に並ぶのはやめましょう。周辺の他店舗へ向かうか、いっそのこと島根県内の他地域にある手打ちそば屋を目指してください。自家用車でお越しの方は、少し足を延ばして、松江や奥出雲、三瓶方面のそば屋を訪れるという企画はいかがでしょう。時間を有効的に使い、出雲地方の景色を車窓から眺めドライブがてら少し広域的な観光をしてみるのも一興です。特に松江までは、高速道路で繋がっていますので40分程度で松江の名店に辿り着けます。奥出雲までは1時間以上かかりますが、地元産のそばがその育った環境の中で味わえます。観光名所、秘湯もたくさんあります。「ふるさとしまね」を訪れたお客様に、せっかくですので、田舎ののんびりとした空気のなかで過ごしていただけたなら、新たなしまねの良さを発見してもらえる気がします。
松江のそば(割子そば たくさんの薬味と辛めのだし)上田そば 001
奥出雲のそば(横田小そば等の在来種を自家製粉したそば)
山県、 002
三瓶のそば(三瓶在来種を自家栽培、自家製粉したそば)
三瓶そばこのか

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。