FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出雲の舞デビュー!!

そば品種 002
今年、出雲のオリジナル品種として期待されている「出雲の舞」が市場に出回りました。
「出雲の舞」の本格的なデビューの年となりました。
出雲そば生産組合では、「出雲の舞」を、本年から約42haで本格的に栽培しています。
出雲そば商組合加盟店で食べることができます。しかし、全てのお店で味わえるのではなく、限定されるようです。碾きぐるみで自家製粉されているお店では、「出雲の舞」だけで打ったそばを食べさせてくれます。
北海道の牡丹そばと横田在来を交配した「出雲の舞」は島根県オリジナル品種として期待が高まっています。やや小粒ですが、収量が従来品種より多く、倒伏しにくい特性があるようです。収穫量は他品種の倍近い出来の農家もあり、来年以降の生産拡大が期待されています。開発元の農業技術センターは「出雲の舞」に関する講演会やパネル展示なども実施されています。
肝心の味は、食べた限りでいえばやや淡白で、香りが弱いように思います。また、価格が割高となっています。これは玄ソバの単価が高いせいでしょう。地元産をアピールするには残念なことです。
 新そばの出始めは、味がのっていないかなと感じさせますが、もう少しすれば深みがでてくることでしょう。香りが強いのは、写真中央の信濃系、やや青刈りした玄ソバです。(殻がまだ黒みを帯びていないうちに収穫したもの)

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。